金欠の状態をキャッシングをしないで対応する方法

金欠の状態になると消費者金融でキャッシングする人が多いですが、金利が高く設定されているので利用の仕方次第では借金が膨らんでしまい返済が困難になってしまう可能性もあります。計画的に利用すれば問題ありませんが、キャッシングをしないで対応する事も考える必要があります。そこで金欠の状態をキャッシングをしないで対応する方法を見ていく事にしましょう。

まず自分の部屋の中を見渡してあまり使用していないもので売るとお金になりそうな物を探します。それでリサイクルショップに買取してもらったりオークションに出品したりするとお金を作れる事があります。確実性はありませんが、上手にやればキャッシングしないで金欠の状態を対応する事が出来るので実践してみましょう。

自分の部屋の中にブランド品など金目の物があった場合は質屋に持っていくといいでしょう。質屋に持っていくと金額を査定してもらいブランド品だと高額査定も期待出来ます。また交渉次第で査定された金額を上げてもらえる事もあるので実践してみましょう。

一人暮らしをしている場合で実家が近くにある時は一時的に実家で親の世話になるというのも一つの手です。実家で生活をして節約をすればほとんど生活費がかからないので金欠の状態になった時もしっかり対応する事が出来て上手くいけば貯金をする事も出来ます。金欠の状態になったら一時的に親に甘えてみて対応するのもひとつの手です。

主婦が家族にバレずにキャッシングする方法

消費者金融などでお金を借りる際、誰でも家族には知られたくないものですが、特に主婦の方がカードローンでキャッシングする場合には、ご主人や子供には知られたくないものです。そんな方の為に、家族にバレずにキャッシングする方法をご紹介します。

まず家族にバレる可能性としては、主に3つあります。それは①カードの郵送②自宅への電話確認③利用明細書の郵送です。まず①についてですが、カードローンの申し込みをWEBなどで行った場合、カードを後日受け取ることになりますが、その時は受け取り方法を「自宅」にしていると、家にカードが郵送されてきます。次に②の自宅への電話確認です。これは申し込みの際の審査時に自宅へ確認の為に電話がかかってきます。この対策としては自宅の電話番号は携帯しか登録しないようにしましょう。それで大丈夫です。

最後に利用明細書の郵送ですが、殆どの消費者金融の場合、契約時に利用明細書を郵送するか、ATMで受け取るかの確認が入ると思いますので、そこで必ずATMでの受け取りを選ぶようにしましょう。以上①~③の注意点については、不安であれば申し込み時に必ずオペレーターの方へ相談する事が重要です。以上の事に注意すれば誰にもバレずにキャッシングする事は可能です。

キャッシング名義貸しはトラブルのもと

きちんと返済するから代わりにキャッシングで借りて欲しい、そういった依頼から知り合いに名義貸しをして金銭トラブルに巻き込まれることは少なくはありません。名義貸しというのはキャッシングの契約の時に自分が借りたお金をそのまま渡して、依頼してきた相手が自分に代わって返済をするという形の借金です。

名義貸しの問題は、名義を貸した相手の支払い能力の低さにあります。他人に名義貸しを依頼するくらいですから、すでにその張本人は信用情報に傷がついていて審査が通らないということが考えられます。さらに怖いこととしては、全く返済する気がないにも関わらず名義貸しを依頼して、借りて返さないというケースもあります。

どんなに相手が親しい人で信用が出来るとしても、自分が代わりに借りてまでお金を貸す必要はありません。安易にお金を他人に借りる人というのは、借金ということを軽く見ているところがあります。もし延滞された場合や、返済が止まってしまった場合は、自分の信用情報に傷がつくことになりますし、自分が残りの借金を返済することになります。

名義貸しを依頼されたらはっきり断ることと、お金を借りなくて済む方法を提案してあげることです。それで相手が機嫌を損ねて縁が切れるとしたら、そこまでの縁だったということです。名義貸しをした後に音信不通になるくらいなら、名義貸しをする前に縁を切ることがキャッシングのトラブルを避けるためには重要なことです。

度重なる結婚式で口座残高が限界に

社会人になって数年が経った頃、昔からの友人たちの結婚ラッシュが起きました。1ヶ月に1、2回は当然で、多いときは、半年で8回ほど、結婚式、披露宴に参加するという状況になりました。ご祝儀マナーなどを見ると仲の良い友人であってもやはりある程度お金を包まなければなりません。しかし、当時は就職してからまだ時間が経っていなかったので、手取り額もそれほど多くありませんでした。また、社会人になってから始めた一人暮らしの生活費もしっかり支払う必要がありましたので、金銭的にはかなり苦しい状況でした。

その後、なんとかギリギリの生活を続けていましたが、ある日、いよいよお金が底を尽き、ご祝儀の3万円を包むこともできないほど経済的に苦しくなりました。しかし、ご祝儀を支払えないからといって、古くからの友人の結婚式を欠席するのは、1人の社会人としてあまりにも情けないことです。とはいえ、親や兄弟にお金を借りることは極力したくなかったので、やむを得ず、メガバンク系のカードローンを急いで契約し、数万円のキャッシングをして急場をしのぎました。

現在は、勤続年数も増えて給与も上がり、キャッシングに頼る必要はなくなりましたが、当時のことを思い出すと、本当にギリギリの状況が続いていたと思います。そんな中でも、友人の結婚式にしっかりと顔を出すことができたのは、たいへん貴重なことだったと思います。

キャッシングは利用経験があった方が有利?

キャッシングの申し込みを行うと必ず審査がありますが、この審査ではその人の年収や職業、そしてこれまでの利用経験などから判断を行っています。

この利用経験とはキャッシングのことだけでなく、クレジットカードやその他のローン契約の利用経験も判断の材料となります。よって、現在他社から既に借り入れがある場合や、過去にローンの支払いを遅延したようなことがあると、審査で不利になることがあります。

ごく普通に考えた場合、そのようなローンなどを一切利用したことが無い人がお金借りる方が審査で有利になるような気がするかも知れませんが、キャッシングの審査では実はそうでもないのです。

全くローンの利用経験の無い人は、現在借金を抱えているようなことこそありませんが、返済を行ってきたこともありません。つまり、きちんと返済を行うかどうか分からない面があるということです。そのような人より、今までにローン契約を何度か利用したことがあり、一切遅延することなくきちんと支払いを行ってきた人の方が信用できるという考え方をするのがキャッシングの世界です。

つまり、遅延や未払いがある場合は逆効果になってしまいますが、きちんと支払いを行っていた場合は、今までに色々なローン契約を利用していた人の方が審査で有利になるということもあるのです。

この今までの利用経験は、信用情報によって過去5年分の記録が参照できます。よって、直近の5年以前の利用経験はキャッシングの審査では無かったという判断になってしまう為、利用経験を審査に有利に利用したい場合にはこの点に注意してください。逆に、今までに遅延や未払いなどがある場合には、その記録が無くなるまでは審査で不利になる可能性があります。

参考HP:お金借りる便利ガイド|今すぐ使える即日キャッシング