キャッシングは利用経験があった方が有利?

キャッシングの申し込みを行うと必ず審査がありますが、この審査ではその人の年収や職業、そしてこれまでの利用経験などから判断を行っています。

この利用経験とはキャッシングのことだけでなく、クレジットカードやその他のローン契約の利用経験も判断の材料となります。よって、現在他社から既に借り入れがある場合や、過去にローンの支払いを遅延したようなことがあると、審査で不利になることがあります。

ごく普通に考えた場合、そのようなローンなどを一切利用したことが無い人がお金借りる方が審査で有利になるような気がするかも知れませんが、キャッシングの審査では実はそうでもないのです。

kariru

全くローンの利用経験の無い人は、現在借金を抱えているようなことこそありませんが、返済を行ってきたこともありません。つまり、きちんと返済を行うかどうか分からない面があるということです。そのような人より、今までにローン契約を何度か利用したことがあり、一切遅延することなくきちんと支払いを行ってきた人の方が信用できるという考え方をするのがキャッシングの世界です。

つまり、遅延や未払いがある場合は逆効果になってしまいますが、きちんと支払いを行っていた場合は、今までに色々なローン契約を利用していた人の方が審査で有利になるということもあるのです。

この今までの利用経験は、信用情報によって過去5年分の記録が参照できます。よって、直近の5年以前の利用経験はキャッシングの審査では無かったという判断になってしまう為、利用経験を審査に有利に利用したい場合にはこの点に注意してください。逆に、今までに遅延や未払いなどがある場合には、その記録が無くなるまでは審査で不利になる可能性があります。