キャッシング名義貸しはトラブルのもと

きちんと返済するから代わりにキャッシングで借りて欲しい、そういった依頼から知り合いに名義貸しをして金銭トラブルに巻き込まれることは少なくはありません。名義貸しというのはキャッシングの契約の時に自分が借りたお金をそのまま渡して、依頼してきた相手が自分に代わって返済をするという形の借金です。

kashi

名義貸しの問題は、名義を貸した相手の支払い能力の低さにあります。他人に名義貸しを依頼するくらいですから、すでにその張本人は信用情報に傷がついていて審査が通らないということが考えられます。さらに怖いこととしては、全く返済する気がないにも関わらず名義貸しを依頼して、借りて返さないというケースもあります。

どんなに相手が親しい人で信用が出来るとしても、自分が代わりに借りてまでお金を貸す必要はありません。安易にお金を他人に借りる人というのは、借金ということを軽く見ているところがあります。もし延滞された場合や、返済が止まってしまった場合は、自分の信用情報に傷がつくことになりますし、自分が残りの借金を返済することになります。

名義貸しを依頼されたらはっきり断ることと、お金を借りなくて済む方法を提案してあげることです。それで相手が機嫌を損ねて縁が切れるとしたら、そこまでの縁だったということです。名義貸しをした後に音信不通になるくらいなら、名義貸しをする前に縁を切ることがキャッシングのトラブルを避けるためには重要なことです。